正看護師と准看護師の違い

一言で「看護師」と言っても看護師には正看護師と准看護師の2種類があります。

この二つの違いをご存知ですか?簡単に違いを言うならば、正看護師の養成期間は3年間で、資格が国家資格免許なのに対し、准看護師は養成期間が2年間で都道府県知事免許ということです。正看護師と、准看護師の割合は7:3なので私たちの身近にいる看護師さんの約3割程度が准看護師なのです。資格免許の種類や養成期間の長さ以外で、もっと分かりやすい違いは給与面です、看護師は正看護師に比べ給与が低く、取得できる資格が少ないため昇格に影響することが多いようです。しかし転職ではさほど違いはありません。人件費がかさみ、正看護師ゆえに雇えない病院があることも現状です。准看護師でも正社員ですし実際のところ昇格以外にデメリットは感じません。

大きい大学病院になると、正看護師しか募集していなかったり、入れたとしても希望する診療科目に配属されなかったりします。しかし、個人医院やクリニックだと、准看護師しかいないところも多くあり、珍しくはないと思います。それに養成期間が2年間なので、少しでも早く看護師として働きたい方や、仕事をしながら看護師免許の取得を志す人などには准看護師資格は人気。それに准看護師資格取得後、正看護師の資格取得のために学ぶこともできます。

しかし最近では医療の高度化に伴い看護職を一本化するという意見が出てきており、准看護師を廃止するという動きも見られるようになってきました。正看護師に対して、准看護師の知識や技術が不十分だと言われているようです。しかし実際に雇用する立場である医師会が反対しておりこれからも議論が続いて行くようです。医療の現場で’看護師’とは正・准関係なく、大切な存在です。そういった議論がなされる中、技術や、知識だけでなく、きちんと患者のことを考えることのできる看護師のあり方と言うのが一番望ましいと思います。

参考サイトはこちら↓↓
准看護師の給与&転職事情
給与面を取り上げていますが、准看護師と正看護師の比較について取り上げているサイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>